レビトラ正規品通販は副作用など自己責任

ED治療薬として有名なレビトラですが、この薬は2つ目のED治療薬として販売されているものでドイツのバイエル薬品という製薬会社が開発した薬です。
日本においては2004年6月に販売が開始された薬で、医師の処方がないと購入できない薬です。
レビトラの有効成分バルデナフィルという成分で、バルデナフィルの含有量によって種類が存在しています。
レビトラの特徴としては、バルデナフィルが水に溶けやすい性質を持っていることで非常に効果が出るまでが早く最高血中濃度に達する時間もその他のED治療薬と比較して早くなっています。
レビトラは性行為の1時間前に摂取するのが基本ですが、空腹時の服用であれば20分から30分程度で効果が出てきます。
勃起させる薬ではなく、勃起を補助する薬になっていますので性的興奮作用や性欲増進作用は無いので注意が必要です。
つまり、性的刺激を受けなければ勃起はしないということです。
日本ではレビトラを購入する際にクリニックなどを受診して処方してもらうのが基本ですが、より安価に購入するために正規品通販をしている人も多いです。
正規品通販はあくまでも自己責任での購入となりますが、クリニックで購入するよりも安価になるので人気です。
正規品通販のレビトラで副作用などが生じた場合には出来るだけ早く病院で受診する必要があります。
レビトラ使用時の副作用についてですが、顔のほてり・目の充血・頭痛・動悸・鼻づまりなどがありますが、頭痛などは頭痛薬と併用しても大丈夫です。
他にも、光に過敏になったり、胸やけ、背部痛などの副作用が出る場合もありますが、レビトラの作用時間とリンクしているようであれば問題ないケースが多いですが、どうしても気になる場合や症状が残る場合は医師の診察が必要です。

トップページへ